プロフィール

博多の素浪人 山内公平

nenga_hanko 
自己紹介: 生年月日: 1950年7月3日
出身地: 愛媛県大洲市
博多湾中心に週3回ほど画像「心のビタミン」をtwitte上で発信してます。 https://twitter.com/007tora

 

「ひとつ覚えてみっつ忘れる中高年」 受験勉強で返信できないことも多々でご容赦ください。開腹手術3回記録保持^^;; もちっこクラブサポーター

使っているカメラについて

使っているカメラについておたずねを受けることが多いので、書いておきますね。

現在使っているのは、パナソニックのLumixシリーズのTZ40というコンパクトデジタルカメラです。もう生産中止ですが、まだ在庫はあるようです。

小さくて軽くて早く撮れること

 ツイッターでの発信、それも同時刻発信を目標にしてますので、ポケットに軽々はいり、すぐにシャッターという体制でないと役にたちません。

手ぶれしにくいこと

 個人的に重視したことは、若い頃左肘を痛めて、カメラを構えるとひじが震えて手ぶれを起こすので手ぶれ防止がしっかりしていること。最初はこの機構だけでLumixを選びました。(今では極力ミニ三脚を使っています。)

ですからTwitterを始める3年前までカメラを使ったことが無かったのです。

望遠が効くこと

博多湾というかなり懐が深い場所で撮影していますので、対岸の建物や朝陽、夕日などを撮ろうとすると、どうしてもズームが必要です。現在光学20倍、デジタルズーム4倍で80倍まで撮影できます。まず困ることはありません。

写真でなく画像

私は基本、写真という言葉を使ってません。お天気レポートの記録画像といったお気楽感覚で撮ってますし、twitterで「こちらは晴れ」とつぶやけば、「えっこっちは大雪だよ」という同時性のコミュニケーションが楽しみの目的なのでコンデジで十分です。

見たようには撮れない

風景画像は、なかなか見たようには撮れません。綺麗すぎたり平凡すぎたりです。

私なりにどこがちがうのか考えたのですが、雲の写り方が平板すぎる、かすんでいるのにかすんでいないように綺麗に撮れる、雨が降っているのに雨が写らないなどずいぶん違います。

最近は、google社のSnapseedというアプリに雲を調製するフィルターがついているのでそれを使ってアップしています。より現場にいる実感に近いです。iphone版、andoroid版ともに無料です。

1万5千円以下が理想ですが

 というわけでTZシリーズを使い続けていますが、これでも私にはまだオーバースペックです。動画撮影は使いませんし、GPSも必要ないし、はっきりいって1万5千円以下が望ましいのですが、こればかりは世の流れでしょうがないのかなあ、と思ったりです。(発売当初は4万円後半だったのでよしとしています)

いまでもTZ30の機能で十分なのですが、誤作動が起き始めたのでTZ40にしています。

砂嵐のような状態になったり、雨が降ったり、波をかぶったりハードな使い方をするので、1年もてばいいほうです。

コメントを残す