博多湾を彩るさまざまな夕陽

夕暮れの時間、夕陽をみたいと思ったら、まず視界が広がる場所を探すことです。

田んぼでも、場合によっては、大きな駐車場でも、角度が良ければ、日の入りの瞬間とまでいかなくても、赤い夕陽が見える場所がどこかにあるはずです。

博多湾は、朝陽を見るには場所の選択肢が狭いですが、夕陽については、意外にあちこちから見えるようです。

私の夕陽定番位置は西区小戸ヨットハーバーの駐車場横の岸壁からです。

そこからの風景をいくつかピックアップしてみました。

夕陽は、糸島富士(可也山)の右中腹に日の入りしているのですが、光が山頂上の雲に反射して、噴火をしているように見えます。

夕陽は、糸島富士(可也山)の右中腹に日の入りしているのですが、光が山頂上の雲に反射して、噴火をしているように見えます。

9割以上がオレンジ系統の色なのですが、まれにピンク系統のものもあります。かすみが濃いときの影響です。

9割以上がオレンジ系統の色なのですが、まれにピンク系統のものもあります。かすみが濃いときの影響です。

 

 

 

 


典型的な夕陽の日の入りです。外海の玄界灘での撮影と違って、湾内からの撮影ですので、必ず対岸の糸島半島の稜線上に降りていきます。

典型的な夕陽の日の入りです。外海の玄界灘での撮影と違って、湾内からの撮影ですので、必ず対岸の糸島半島の稜線上に降りていきます。

P01010115019

糸島半島の稜線上の木々を焦がしながら日の入りする博多湾の夕陽です。

夕陽の半分の大きさもないすきまとはいえ、これでも立派な日の入りです。

夕陽の半分の大きさもないすきまとはいえ、これでも立派な日の入りです。

帯状の雲に絡め取られた、囚われの夕陽です。

帯状の雲に絡め取られた、囚われの夕陽です。

どうみてもラッキー7に見えます^^;;

どうみてもラッキー7に見えます^^;;