博多湾の青い朝

梅雨に入って、曇りや雨の日が多くなります。こんなときは、赤い光が減光され、見えるものすべてが青い世界になります。主に薄明(dawn )から日の出前の時間帯に青い朝が訪れます。

勝手に、博多湾ブルーなどと呼んでいますが、ちょっぴり幻想的でしっとりした空間が生まれます。青い色には鎮静効果があるようですよ^^;;

青い世界に佇む福岡タワー群です。

IMG_8409

青い空気が全体を支配しているようです。

P11042454854

博多湾の地磯
P11060151854

朝を待つ能古島(のこのしま)
sP01010183445

海面と空の境目が曖昧。このケースは霧で青くなっています。
IMG_6659

青い桟橋
画像 054

梅雨空と青空が交錯する博多湾の朝です

梅雨の時期であっても、お天気は変わっていきます。短い時間であっても、晴天になったりすることも当然あります。曇りや雨の時間がふだんより多いだけで、変化はいつも起こっています。

6月5日の朝は、ちょうど梅雨空から晴天へ移り変わる境目の時間帯で、天候の変化が楽しめる朝でした。

5:05 日の出エリアが、低い雨雲におおわれています。暗くて画像粗めです。
2014-06-05 05.06.01

5:15梅雨雲の上空が朝焼けを迎えた博多湾長垂(ながたれ)海岸です。
2014-06-05 05.11.35

5:19 博多湾生(いき)の松原上空には青空が広がってきました。
2014-06-05 05.19.45

5:22 梅雨雲の切れ間のうす雲越しに日の出が始まったようです。
2014-06-05 05.23.18

5:29 梅雨空の切れ間に、日の出した博多湾の朝陽です。
2014-06-05 05.27.13

5:43 梅雨雲の上半分が白く輝き、その中を朝陽が昇っていきます。青空がはっきりしてきました。
2014-06-05 05.51.31

6:04 雨雲の最後の関門を通過している博多湾の朝陽です。
2014-06-05 06.04.47

6:12 朝陽が梅雨空を抜け出し、新しい一日が始まった博多湾です。
2014-06-05 06.12.51