暗空一隅の光 博多湾元旦朝日

朝日撮影の挑戦、四度目です。前の三回は曇りや雨でだめでした。
やはり平地であること、そして何より日本海型の冬の気候の延長にあるため博多湾の元旦の日の出はそうそう見られるものではありません。

本日の天気予報は午前中曇り、午後から晴れの予測。うまくいけば雲間からの日の出が見られるかもしれません。

2014-01-01 06.50.43-4

 

6:50 日の出地点上空に大きな雲が立ち上がっています。

これでは日の出は無理です。ちなみに、潮汐表の日の出時間は、7:22ですが、これは水平線上のことですので、実際は10分ほど遅れの、7:35前後と思われます。

 

2014-01-01 07.00.00

 

7:00 薄明(dawn)の博多湾です。上空は晴れているのですが、雲が多すぎますね。

ちょうど正面が元寇防塁で知られる、福岡市西区にある生(いき)の松原海岸線です。

 

2014-01-01 07.10.45-4

 

7:10 大きな雲が移動してきて、かえって暗くなってきました。

気温が8度ぐらいなのですが、風のため、寒いです。油断しました^^;;

 

 

2014-01-01 07.24.43-4

 

7:23 福岡タワー方面も、曇りや雨の時に見られる博多湾ブルーの色です。

 

 

 

ほぼ日の出定刻時間、雲間に朝日が姿を見せました。出だしは光が弱く気がつきませんでした。↓
2014-01-01 07.36.49

 

7:42 暗い空の一隅から、博多湾を照らす元旦朝日です。三度目の正直ならぬ四度目でやっと日の出を見ることが出来ました。↓
2014-01-01 07.42.43

その後、再び雲に入り、光のミストシャワーをかけながら、ふたたび暗い博多湾へと帰って行きました。
それ以外にとった博多湾のsnapです.↓クリックで拡大します。