年明け初めての全天晴れ(1月23日)

いつ来るのかと心待ちにしていた全天快晴。やっときましたね。

1月も23日だと考えると、冬場の晴れはいかに少ないかと痛感しますね。

2014-01-23 07.58.30-4

 

7:58 福岡市近郊の朝。全天晴れ、冷え込んで氷点下、霜が降り、氷が張っています。

 

 

 

途中は知人の仕事のお手伝いでしたが、なんとか夕暮れに間に合いました。

2014-01-23 17.06.08

 

17:06 博多湾夕暮れの華、糸島富士(可也山)です。

 

 

2014-01-23 17.10.29-6

 

 

 

17:10 博多湾沖合に停泊中の大型貨物船。

 

 

2014-01-23 17.15.10-2

 

17:15 よく晴れ上がった夕暮れの博多湾です。

 

 

2014-01-23 17.18.56

 

 

 

17:18 糸島半島の稜線づたいに夕焼けが広がっていく博多湾です。

 

 

2014-01-23 17.26.44-4

17:26 日の入りが始まった博多湾です。
2014-01-23 17.29.50-2

 

 

 

 

 

17:29 稜線の木々を焦がしながらの日の入りです。

 

 

 

見てるだけで刺激を受けます↓↓↓

 

くもりときどき朝日の片鱗(1月12日)

気温2度、風がないのが救いです。撮影でまず1時間は外にいるので、最初はさほど感じませんが、時間がたつにつれ、指先などがしびれてきます。

とにかく雲の多い日が続いているので、片鱗でも見られれば運が良いと思わなきゃ^^;;

2014-01-12 07.03.51-5

 

 

7:03 雲だらけですが地平線近くが赤みがあるので、雲が薄くて、雲越しに輪郭が見られるかもしれません。

 

 

2014-01-12 07.14.47-5

 

7:13ばらつき始めた雲の合間からの光で海面がメタリックな感じです。

 

 

 

写真 (1)

 

7:31 わずかなうす雲に日の出が始まりあっという間に姿を隠しました。

 

 

 

2014-01-12 07.51.22

 

7:51 再び姿を見せた博多湾朝日の片鱗です。

 

 

 

 

2014-01-12 08.08.42

 

8:08 三たび姿をみせた朝日です。

今朝見えたのはこの三回だけ、しかもわずかな時間でした。

 

8:28 生(いき)の松原海岸に降りてきた「天使のハシゴ」光芒(こうぼう)です。
2014-01-12 08.28.09

光と冬雲が交錯する博多湾の夕暮れ(1月10日)

とにかく雲の多い夕暮れです。というより単純に曇りといったほうが近いかもしれません。

2014-01-10 16.19.55

 

 

16:19 冬雲というか雨雲、雪雲に近いのでしょうが、荒々しい躍動感があります。

 

 

 

2014-01-10 16.20.20-2

 

16:24 糸島富士(可也山)の向かって光が照射されています。

 

 

 

 

16:33 糸島半島に、ロングショットであたる夕暮れの光です。
2014-01-10 16.33.26-4

 

 

2014-01-10 16.45.48-1

 

16:42 暗い冬空の雲間に姿を見せた博多湾の夕日です。

 

 

 

 

2014-01-10 16.53.35-2

 

16:53 光の拡散方向が下から上へと逆転しました。

 

 

 

 

2014-01-10 17.19.38

 

17:19 夕日の姿は見えませんが、ほぼ日の入り時間近くの博多湾です。

 

 

 

クリックで拡大します↓↓↓