7月22日、この日も元旦にしてしまおう^^;;

九州北部の梅雨明けは、7月21日で例年より2日遅れでした。

で、明けて翌日7月22日の朝は、梅雨が明けて初日となります。
「梅雨が明けましておめでとうございます」というメッセージもいただきましたので、ちょっと強引ですが、梅雨明け元旦といたします^^;;

22 July 4:55 梅雨明け元旦、薄明(dawn )の博多湾。 iPhoneでパノラマ撮影してみました。

22 July 4:55
梅雨明け元旦、薄明(dawn )の博多湾。 iPhoneでパノラマ撮影してみました。

 

 

 

 

 

22 July 5:00 梅雨明けした薄明(dawn)の博多湾、長垂(Nagatare)海岸です。

22 July 5:00 梅雨明けした薄明(dawn)の博多湾、長垂(Nagatare)海岸です。

22 July 5:09 博多湾能古島(Nokono island)の朝焼け(sunrise glow)です。

22 July 5:09
博多湾能古島(Nokono island)の朝焼け(sunrise glow)です。

22 July 5:17 空の明るさにシンクロする博多湾の海面です。

22 July 5:17
空の明るさにシンクロする博多湾の海面です。

22 July 5:34 博多湾、梅雨明け元旦初日の出です^^;;

22 July 5:34
博多湾、梅雨明け元旦初日の出です^^;;

22 July 5:42 梅雨明け元旦がはじまった博多湾と能古島(のこのしま)の島影です。

22 July 5:42
梅雨明け元旦がはじまった博多湾と能古島(のこのしま)の島影です。

22 July 5:46 朝陽を浴びる福岡タワー群です。

22 July 5:46
朝陽を浴びる福岡タワー群です。

22 July 5:53 朝陽を浴びて朝もやが立つ博多湾、生(いき)の松原海岸です。

22 July 5:53
朝陽を浴びて朝もやが立つ博多湾、生(いき)の松原海岸です。

 

 

博多湾を彩るさまざまな夕陽

夕暮れの時間、夕陽をみたいと思ったら、まず視界が広がる場所を探すことです。

田んぼでも、場合によっては、大きな駐車場でも、角度が良ければ、日の入りの瞬間とまでいかなくても、赤い夕陽が見える場所がどこかにあるはずです。

博多湾は、朝陽を見るには場所の選択肢が狭いですが、夕陽については、意外にあちこちから見えるようです。

私の夕陽定番位置は西区小戸ヨットハーバーの駐車場横の岸壁からです。

そこからの風景をいくつかピックアップしてみました。

夕陽は、糸島富士(可也山)の右中腹に日の入りしているのですが、光が山頂上の雲に反射して、噴火をしているように見えます。

夕陽は、糸島富士(可也山)の右中腹に日の入りしているのですが、光が山頂上の雲に反射して、噴火をしているように見えます。

9割以上がオレンジ系統の色なのですが、まれにピンク系統のものもあります。かすみが濃いときの影響です。

9割以上がオレンジ系統の色なのですが、まれにピンク系統のものもあります。かすみが濃いときの影響です。

 

 

 

 


典型的な夕陽の日の入りです。外海の玄界灘での撮影と違って、湾内からの撮影ですので、必ず対岸の糸島半島の稜線上に降りていきます。

典型的な夕陽の日の入りです。外海の玄界灘での撮影と違って、湾内からの撮影ですので、必ず対岸の糸島半島の稜線上に降りていきます。

P01010115019

糸島半島の稜線上の木々を焦がしながら日の入りする博多湾の夕陽です。

夕陽の半分の大きさもないすきまとはいえ、これでも立派な日の入りです。

夕陽の半分の大きさもないすきまとはいえ、これでも立派な日の入りです。

帯状の雲に絡め取られた、囚われの夕陽です。

帯状の雲に絡め取られた、囚われの夕陽です。

どうみてもラッキー7に見えます^^;;

どうみてもラッキー7に見えます^^;;

雲の大きな動きが風景を一変させる

ふだん撮っている風景写真で、空の占める割合は、私の場合、半分から三分の二ぐらいが多いのではないかと思っています。

それだけに、空の雲の状況ひとつで、画像のイメージががらりと変わります。

ひとつ、ひとつの雲の表情を見るのも、楽しみのひとつです。

雲の表情も楽しみのひとつ。イングランドとかゴーストバスターズとかいわれた^^;;

雲の表情も楽しみのひとつ。イングランドとかゴーストバスターズとかいわれた^^;;

 

 

 

しかし、雲が塊となって大きな動きをするときは、風景に与えるインパクトが大きいです。私の撮影する場所の海面は、波静かな場所が多く、上空の変化にシンクロしやすいので、上空の変化にとどまらない影響がでます。

 

前線雲の巨大な動き。雲の下は真っ暗。それが海面にも映る。

前線雲の巨大な動き。雲の下は真っ暗。それが海面にも映る。

これは、前線が去って行くときのなごりの雲。博多湾を横断するぐらいのスケールがあります。

これは、前線が去って行くときのなごりの雲。博多湾を横断するぐらいのスケールがあります。

前線が北上中

前線が北上中

ふだんの雲が、空に広がった風景。風景として安心して見られる^^;;

ふだんの雲が、空に広がった風景。風景として安心して見られる^^;;

朝焼けと重なると、さらにインパクトがありました。

朝焼けと重なると、さらにインパクトがありました。

わき上がる雲。朝陽のおまけ付きです^^;;

わき上がる雲。朝陽のおまけ付きです^^;;