博多湾、薄明光線(crepuscular rays)のいろいろな形

6月12日のブログ博多湾のレンブラント光線では、光芒(こうぼう)を、レンブラント光線とか天使の梯子とご紹介しましたが、気象現象としては、薄明光線(英名:crepuscular rays)と呼んでいます。

今日は、薄明光線のいろいろな形を見てみたいと思います。

反薄明光線(はんはくめいこうせん、anticrepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、太陽と正反対の方向に光線の柱(光芒)が放射状に収束して見える現象です。

薄明光線とは逆です。裏後光(うらごこう)、裏御光(うらごこう)とも呼びます。(cf: http://goo.gl/2iOkEk)
薄明光線と特に区別せず、逆向きの薄明光線ということも多いです。

反薄明光線、裏後光

反薄明光線、裏後光

反薄明光線、裏後光 糸島富士(可也山)山頂付近です

反薄明光線、裏後光
糸島富士(可也山)山頂付近です

 

反薄明光線

反薄明光線

太陽が雲片にかかって、光が四方八方へと拡散するパターンもあります。

雲片を中心に全方向に向かって広がる薄明光線

雲片を中心に全方向に向かって広がる薄明光線

雲片を中心に全方向に向かって広がる薄明光線

雲片を中心に全方向に向かって広がる薄明光線

厚くて長い雲を境に上下に分かれるタイプ

厚い雲を境に上下に分かれるタイプ

厚い雲を境に上下に分かれるタイプ

これが典型的なタイプです。

典型的な光芒。光の筋がくっきり見えます。

典型的な光芒。光の筋がくっきり見えます。

通常のパターンですが、ビックリするほど幻想的な光芒が、ネットで紹介されています。函館で撮影されたものです。

函館で撮影されたものです。パブリックドメイン

函館で撮影されたものです。パブリックドメイン

http://goo.gl/Ve0wPz

付録ですლ(❛◡❛✿)ლ

トンボが写ってます^^;;

トンボが写ってます^^;;